介護事業者様向け、「特定技能」相談会のご案内

News

ブレースパートナーズでは、「特定技能」制度を利用して、外国人介護士の採用を検討中の介護事業者様向けに、「特定技能」制度についての無料相談会を行っております。

  • 過去に外国人を採用したことはない介護事業者様
  • 技能実習生は受け入れているが、特定技能は初めての介護事業者様
  • EPA介護福祉士候補者は受け入れているが、特定技能は初めての介護事業者様

特定技能制度とは

我が国の産業分野における人手不足解消を目的に2019年4月1日の改正入管法施行により、新設された在留資格「特定技能」。特定産業分野14業種の中でも「介護」分野においては、5年間の受入れ見込み最大値が60,000人とされています。

特定技能外国人が従事する業務は、介護分野において受け入れる1号特定技能外国人は、「相当程度の知識若しくは経験を必要とする技能を要する業務」に従事することが求められており、主たる業務としては、身体介護等(利用者の心身の状況に応じた入浴、食事、排せつ、整容・衣服着脱、移動の介助等)の業務となります。また付随的業務として、日本人が通常従事することとなる関連業務に従事することも差し支えないとされています。ここでいう関連業務に当たり得るものとしては、例えば、お知らせ等の掲示物の管理、物品の補充や管理が想定されます。なお、専ら関連業務に従事することは認められません。

特定技能制度に関する詳細説明はこちら

許可事例

  • 技能実習生→→→特定技能1号「介護」:特定施設入居者生活介護
  • 留学生→→→特定技能1号「介護」:介護老人保健施設
  • 留学生→→→特定技能1号「介護」:介護老人福祉施設

「特定技能」相談会

介護事業者様向けに特定技能制度の概要、入管手続の流れ、登録支援機関とは、1号特定技能外国人支援・・・特定技能制度に関する相談会(1時間程度)を実施中です。当方への来所、オンライン面談、出張相談等、皆様のご都合に合わせた形で実施可能ですので、お気軽に【お問合せ】からご連絡ください。

無料相談会日時:毎月第2第4水曜日の午後及び毎月第2第4土曜日の午後に開催しております。

問い合わせ

 

特定技能制度に関する情報を下記BLOGでも発信中です。

関連記事一覧